読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケーブルを比較に比較し「厳選」した1つの商品~!バランスドアーマチュアドライバーを楽天ポイントで購入ならコチラです

それでも全体的にみてまだZ5には及ばないかなと思いZ5の良さを再確認しようと聴いてみた所驚きました。中音域は5BAに比べ前に出ており、よりボーカルが近く感じられます。低音も出ています!ボンボンと残響せず!シャキとした感じです通常低音強化を行うと高域が減衰するのですが!あまり減衰しません。

イマが買い時♪

2017年02月16日 ランキング上位商品↑

ドライバー バランスドアーマチュア ケーブル【送料無料】イヤホン 高音質 6ドライバー 6BA-TSW38-V2 バランスドアーマチュア (ケーブルなし)

詳しくはこちら b y 楽 天

量感たっぷりで弾むような低音や、グッと沈み込む低音が出ます。これから、永く大切に使っていきます。・試聴環境:ジーフォーさんで一緒に購入したOCC銅線+銀コーティングのケーブル・イヤーピースはWestoneのTrue-Fit Foam-BlueにWALKMAN NW-ZX2です。しかしながら、高音が気持ちよく伸びるイヤホンが欲しい方にはピッタリだと思います。このイヤホンはハイレゾ化された音源に向けて50KHzまで可能にした超ハイレゾ対応のイヤホンでございます。Shureの846や、Campfire audioのアンドロメダ等も検討していたのですが、値段の差でTSW-38V2を選びました。解像度は多ドライバーだけあって高く音場も横に広いです。写真で見るよりも以外にしっかりしていたのが想定外でした。特定の音域がポツポツ抜けている感じです。私が所有しているG4さんの4ドラTWFK30017+Sonion3800との比較になります。Pat MetheneyのHave you Heardの高域のキラキラした感じが良く再現されます。)ここまでいいものが見つけられたし。カスタムIEMはHeir 10.A 、カナルワークスCL-L51 を所持ユニバーサルは、Westone UM50、4R、UM3XUE TF10 等を所持しています、プレイヤーはAK240を使用していますMMCXケーブルはREcode 8を使用しました。使用DAP SONY NW-ZX2使用ケーブル SONY PHA-3用メーカー不明銀メッキ8芯ケーブル使用イヤーピース 到着時に装着されていた物使用アンプ ぷちバラ2他にSONY XBA-Z5を愛用しています。お薦めできる一品です。フィット感はシェルの耳に接触する部分に小さい傷がついていたため、星の数を減らさせていただきます。うっすらとBAユニットが見えます!ギッシリ詰まってます。低音苦手な人には最高。中域80Hzから2kHzまではフラット高域3KHz-4KHzが若干抑えられていて!これにより刺さりを抑えており!それより上の5K−10KHzが強調され!高域の解像感を高めており!非常に繊細で分解能が高い音質になっている。交通費とか)!耳型代とどんどんやる気を削られる思いをしつつ!やっと買おうと思えばそのIEMはMMCX?の付けるところが弱いとか!壊れやすいとかネガティブ情報ばかりで!その他色々とあり断念しかけたところに!この商品を見つけました。高級感のあるケースともに送られてきました。遮音性は、ER-4Sが勝っています。XBA-A3からZ5に変えた時にも感じた上位機種に慣れた後の下位機種の違和感がZ5とTSW-38V2の間でも現れたのです。●shure SE535LTD 高域 :★★★★★ 中域 :★★★★☆ 低域 :★☆☆☆☆ 装着感:★★☆☆☆ 音場 狭ー◎ーーー広 * 低音以外はバランスがとれていてクリアーな音。低音から高音までシャキシャキに鳴っていますがどこか機械的でデジタル的です。☆総評:5BAとよく似ていますが中音域のEDとTWFKの違いなのか6BAの方がより高く、深く、ハッキリしたような印象です。1000Ω、1500Ω、2200Ω、3300Ωで調整、確認。ありがとうございました。だって皆さんの意見でこだわって、性能にこだわって、価格でこだわって(折り合いをつけてですね。イヤホンを自分で色々組み合わせて作るのも楽しいと思いますが今は完成されたこのイヤホンでゆっくりと音楽を楽しみたいです。低音がうるさいわけではなく「どの周波数帯の音も漏らさず鳴らしてくれる」感じです。最初はカスタムIEM?ですか!を買おうと躍起になっていましたが価格面!環境(田舎です。全音域がとてもバランス良く高解像度に仕上がっており素晴らしい逸品です。結果こちらを購入して良かったです。しかしこのイヤホンはきちんとベースの音も「音程」が明確に分かるほど聞こえました。再生機はFiio-X3 2ndファーストインプレッションは、高中音良く出てる低音少し少なめ高音が刺さる。自分は!1万以上から2万以内のイヤホンを所持していて!どうせ何回も買い換えるのなら良い物を買おうと思って購入しました。4BA-TWFK30017+Sonion3800と5BA-Sonion 3800+Knowles ED29689+SWFK31736に続きジーフォーさんのイヤホンはこれで3つ目です。デザインは落ち着いた色合いで良く、大きさも6ドラにしてはそこまで大きくないです。遮音性も高いのではないでしょうか。そこでZ5からTSW-38V2に変えて聴き直してみると更に高音の伸びの良さ!全体的なクリアさ!低音の上品さがわかりました。前2機種もそうであったように、今後50・100時間と鳴らしていくうちに更に化ける(良くなっていく)と思うので今から楽しみです。当分はファーストインプレッションでニヤついちゃうものはでてこないでしょう。・購入直後は5BA同様に高音が少し刺さる感じがありましたが10時間程度鳴らした辺りで落ち着いてきました。低音これは下までよく出てます。ヘッドホンのESW9よりはるかに低音出ます。Four playのSilver Streakの4:20に来る低音に脳天杭打ちされます。中低音はしっかり出ている。高域は勿論のこと、低域が他のBA型ドライバーのイヤホンと違いはっきりと聞こえます。以外なのが低音が強く!音の分離が良いからヘビメタにも合って結構万能なイヤホンと思いました。10Pro程度は出てほしかった。音漏れも大音量でなければ問題ないです。最後の一個!今なら5000円引き!ポイント割引!!これしかないと思いました。ただ!今後購入する方は注意して頂きたいのが!低音強化モデルではありますが!それほど低音は強く出ないので低音重視での購入は避けた方がいいと思います。中域が気持ち弱い気がしたので、ケーブルを中域が強く出るRosenkranzに変更した所、思った通り中域も厚くなり理想に近い音質になりました。視聴が出来ないので皆さんのレビューを全て読み、スタッフさんにメールや電話で話を聞き、最終的に思い切って購入を決めました。初のハンドメイドイヤホン購入ということで少し不安もあったのですが、以前こちらで購入したハンドメイドのMMCXケーブルの出来が丁寧で好感が持てていたことと皆様のレビューから注文させていただきました。エージングでどこまで変わるか期待して専用CDにて24時間のエージング。曲によってはすごく低いところから出ていることがよく分かります。高音寄りに癖が強すぎな感じ。エージングが進むにつれて低音がどんどん固くなる。高いですが!何回も買い換える必要がなくなったので安く感じました。これを聞いた後に他のイヤホン聞くと音が濁って聞こえます。5万以上するので当たり前ですが(^_^;)デザインは中のドライバの確認が出来るクリアが良かったかな。音質も全体的にクリアでは有るのですが同じ音量で聴いてる筈なのに音量が取れていない?感じで迫力不足に聴こえました。。ケーブルをSONYの物に変えてみたり!イヤーピースを変更してみたりしましたが今一でした。高域から低域まで満遍なく聞こえます。また低域の強化によりかなり深い低音も拾ってくれていますがそれに中域!高域が埋もれてしまう感じもありません。そのかわり、中音のボーカルが少し遠い気がします。過去にW60を所持していたのですが、購入してから連続装用してるとハウジングのおしりにあるカスタムパネルの装着ボルト部分?が耳に当たり、耳が傷つくことが発覚し、泣く泣く手放していたのでそれ以来のBA6ドライバとなります。それい比べて6BA-V2は人間的であって叙情的であります。ずっとダイナミック型のイヤホンしか使ったことがなく最近ではJVC HA-FW01をメインに使っておりました。値段も他メーカーの同数ドライバーモデルと比べると安いし最高です。全体として解像度も高くクッキリ良い音のイヤホンです。ハイレゾは元々!デジタル的なカクカクな音のカーブをアナログカーブにいかに近づけるかのテクロノジーです。レビューの前にエージングを20時間ほどしましたTSW38-V2の感想ですが、おおよそは過去のレビューア様がおっしゃるように伸びる高音に特徴があり、きれいに鳴ります。(10月21日編集)各機点数表(私的評価です)。この価格帯ではパーフェクトなのではないでしょうか?同時に購入したWestoneのスターシリコンが既にイヤホンに装着されていたのが地味にうれしかったですw大事に使わせていただきます。低音強化版ということでしたが!W60のようなウォームで支配的ではなく!くっきりしており!個人的にはこれで適度に出ている印象です。本当にコスパの高いイヤホンだと思います。その他比較機●UE Triple.fi 10PRO 高域 :★★★☆☆ 中域 :★★★★☆ 低域 :★★★★☆ 装着感:★★☆☆☆ 音場 狭ーーーー◎広 * 高音が少しこもってる感じ。ケーブルもEL-24ではMMCX付け根のプラグの径が太く!W60では付かなかったのですが!こちらは余裕があり装着できます。Fw01の音から角を取ったような柔らかい音のように感じます。まだレビューのない状態での購入でしたし正直4ドラの音で充分満足していたので6ドラにしても3万円弱の価格差に見合うほどの音質改善は見込めないのではと?と不安でしたが、実際に音を聴いてみて価格の差に思わず納得です。Z5で出過ぎだと思っていたので個人的にはこれぐらいの低音がベストです。こちらの製品は高音〜低音までバランスよく鳴らすイヤホンですので!誤解なさらぬよう注意して下さい。【総評】音は非常に濃厚で全域で分解能が高く、今まで聞こえていなかった音が聞こえます。結果としては購入して良かったと思います。低音もしっかり出ているこのFW01と初のBA型イヤホンのしかも6ドライバーの低音強化型V2がどう違うのか本当に楽しみでした。締まった低音じゃなくて固い感じ。(銀線を使った際には少しささりましたが)中音は少し弱いですが個人的には気にはならないです。煌びやかな音。全体的にぼやけがクリアになり高音が伸びつつ刺さりがほぼ無くなり!申し訳程度に出ていた低音も適度に締まりハッキリと出ています。それを再生する側も本当に大事だと思います。耳のおさまりも良好で、遮音性もなかなかです。大きさもW60ぐらいかそれより小さいかもしれません。説明通り、イヤホンケーブルでかなり違いが出るイヤホンです。この機種はすごく広い帯域の音を出しており音響フィルターで自分好みの音づくりが可能。結果!大満足です。補足:イヤーピースで大分音が変わるのでイヤーピース選びも大事……ですねファーストインプレッション及び専用CDにてエージング後の感想。評価としてはこの価格帯では大満足です。そのおかげかW60よりも中音!特に高音域が印象に残ります。中音は(若干高音も)こもって聞こえるためEQで対応しており今後のエージングに期待です。低音の出方は5.1chの低音ぐらいはでている。今まで使っていた別の会社の3ドライバーイヤホンはドラムの音は聞こえるがベースが隠れてしまったりしていました。すごい気になる・・・・・・・!!一聴して!とにかく高域の伸びが素晴らしく聴いていて気持ちが良い。筺体がやや大きめ(Westone4並み)なので、耳のサイズが小さい方は痛いかもしれません6ドライバー 6BA-TSW38-V2(低音強化モデル) Sonion 3800+Knowles TWFK+SWFKのレビュー【各帯域の聴感上の周波数レスポンスと音質】低域60Hzから下が若干強調されていて低域の量感を高めています。同じ環境で聴いているのにZ5の低音がぼやけて聴こえるのです。さて、FW01は優れたD型イヤホンであることは言うまでもありません。なおシェルの大きさは4ドラと同じですかね、着け心地も変わりません。☆音質:低音強化版ということですが、4BAのような迫力のある濃厚な低音とは異なり、クリアでくっきりとした重低音で相当下の方から出ているのが分かります。まず!音の鳴り方がスピーカーで聴いてる様な感じで音の分離が良く音が埋もれないで細かい音までよく聴こえます。素敵なイヤホンを作って下さったことに感謝!です。なお!銀線だとまだ若干高音がキツく感じるので個人的には銀コート若しくは銅線が合うように思います。高音域は透明感があり音抜けも良く伸びやかで煌めくように鳴ります。IEMにこだわらなくてもいいじゃないかと思いました。今回、多ドライヤホンに興味を持ち本機を購入しました。量感はそこまで無いですが良質な締まった低音です。現在の環境が一番しっくりきていたのでそのまま10時間程聴き込んだところ変化してきました。使い始めは高音が若干刺さる感じでしたが鳴らしてるうちに落ち着いてきました。流石!パーツを売っているお店だと思いました。タイプが違うので、どちらも一長一短な所が有ると思いますが、TSW-38V2を購入した事によりZ5の出番が減る事は確実です。●Sony XBA-H3 高域 :★★★★☆ 中域 :★★★★☆ 低域 :★★★★★ 装着感:★★★☆☆ 音場 狭ーーー◎ー広 * バランスは取れているが高音にちょっと元気がない。全体通して軽快かつ繊細で冷たい音、音の分離性が高いですウォーム系と言われるWestone系ではないです。ショップと相談の上音響フィルターも考慮すると良い。(※初心者なので言葉がわかってません)発送待ちですが、期待せずには要られず、レビューを書いています。更に聴き込んでどう変化するかが楽しみです。(低音強化モデル)とありましたが正直!低音に期待していませんでした。籠っていません。使用感とか、コスパ面とかはエージング?してから、投稿できればと思います。低音が多い曲では相対的に中音が少し引っ込む感じがする以外は大満足です。これにはドライバー数が多いということだけではなくチューニングに力を入れていることが伺えます。音に関してレビューするのは苦手ですが!「くっきり!しゃっきり」といったニュアンスかと思います。深いところからの低音と!よく伸びる高音がすごく心地良いです!!ダイナミック型と比べても低音の量は多いと思います。この機種は高音が相当出ているので1000Ω!1500Ωでも私にはまだきつく結局2200Ωで落ち着いた。●6BA-TSW38-V2高域 :★★★★★中域 :★★★★★低域 :★★★★★装着感:★★★☆☆音場 狭ーーーー◎広* 高音寄り。PCからはDENON DA-300USB(DAC)に繋いでラックスマンのアンプからダイアトーンのスピーカーで流すかイヤホンで!ポータブルではそのデーターをFiio X1 2nd generationにそれをFiio A5 High Power Portable Headphone Ampに繋いでイヤホンで聞いております。現在!エージング30Hほどですが!低音は強調しすぎず!ちょうどいい塩梅です。今回高い買い物だったが!低音のよく出るクリアーなオールラウンダーを期待していてその通りの結果になった。まず、正直言いましてネイティブのハイレゾ音源は持っていなくて、主にPCでJriver22にてCDをリッピングしそれをFLACで24bit/96kHzに転換して疑似ハイレゾを楽しんでいます。6ドラユニバは市場にそれほど数がありませんが、ユニバーサル機種としてはかなり高い次元にあると思います。しかし本機を使用し「BA型でもこんなにも低音が出るのか」と驚きました。到着後すぐの出音はさ行の刺さりが激しく、低音が弱く全体的にぼやけていて失敗感が否めない感じでした。音響フィルターで低音マシンにも。4ドラもバランスの良い非常に素晴らしい音を出していますが、今回の6ドラはその解像度、音の分離感をさらに押し進めた感じで、かつ4ドラでは耳に届かなかった高域の音数が明らかに増えています。全体的にバランスは良いと思います。私は!透き通るような高音を鳴らすNoble Audio Katana Universalも持っておりますが!このイヤホンはそれに負けない位の気持ちが良い高音を鳴らします。3300Ωではさすがに高音が落ち込んできた。このイヤホンに出会えて本当に良かったです。低音好きのためD型イヤホンばかりを所有しており!BA型で使用しているのはETYMOTIC RESEARCHさんのER-4Sのみです。到着後3日程聴き込んで音質的にも環境的にもなんとなく安定したので当方の主観ですがレビューしたいと思います。今後!聞き続けることでどう変化していくか今から非常に楽しみです。トータルで非常に満足度高い商品です。低音も十分鳴っており、一切のBASSを上げることもないと思います。聞きやすい。ak120にNOBUNAGA製の銅線ケーブルで付属していたロングノズルのスターシリコンでの20時間視聴しての感想です。PC(JRiver)→HPA-4→本機(Westoneのスターシリコン)ケーブルはとりあえず手許にあった「ZEPHONE EL-24」つけてみました。音はオーディオに詳しくない自分にも違いがわかりました。初レビューです。☆遮音性・音漏れ・装着感に関しましては4BA・5BAと変わりなくshure製品とほぼ同じように感じます。ショップの提案で音響フィルターによる調整を実施。カスタムイヤホンはONKYO IE-C2、Rooth SE535×8、10proリモールド、earmo shake1ユニバーサルイヤホンは IE80、MDR-EX1000等を主に使っています。高音は刺さることなくよく伸びます。スパイラルもここで打ち止めになりそうです。比較機は10Pro!shure SE535LTD!Sony XBA-H3。